sns
すーをフォローする

福岡が住みやすいと言われるその理由とは

旅行・観光
旅行・観光

こんにちは、すー(suuuu2020)です。

みなさんの住んでいる地域は住み良いでしょうか?それぞれの地域には素晴らしい魅力があるかと思います。

そこで私は約10年住んでいる福岡の魅力大きく3つに分けて伝えていきます!

スポンサーリンク

福岡県はこんなところ

福岡県は九州の北部に位置し面積は約5000平方キロメートル、人口約510万人の都市です。

北部は海に面している地域が多く、南部は山に面している地域が多いこともあり、海山の幸どちらも堪能できます。

福岡県の有名なものと言えば、「ラーメン」「もつ鍋、水炊き」「明太子」などの食べ物系が多いですよね。

実際に私もラーメンが好きなので魅力にハマった一人なんです。※オススメの店など細かくは今後の記事にする予定です。

福岡出身の有名人も多くいます。「タモリ」さん、「浜崎あゆみ」さん、「博多華丸大吉」さん、最近で言えば「橋本環奈」さんなど。

ポイント1  空港からの主要地までの近さ

まず一番にお伝えしたいところが空港から主要地までの近さです。
福岡空港から博多駅まで移動を地下鉄を選ぶと約6分!


私自身、東京や大阪や愛知に飛行機で行ったときには空港から主要地に行くまで結構時間がかかりました。

旅行に行ったときは「○時までに帰りの交通機関の場所に到着しておく」のように、その土地に滞在できる時間が限られています。

もし行き帰り飛行機を選んでいて、博多天神エリアで過ごすのであればかなりの滞在時間が確保できます。

福岡はたっぷりと楽しめるところだと思います。

ポイント2  主要地が密集している

福岡に来たらこのエリアをオススメします。

・博多天神エリア

・糸島エリア

・太宰府エリア

博多天神エリア隣り合う立地なので移動しやすいのが特徴な場所です。地下鉄で約6分、100円バスで約10分〜15分と行き来できるくらいの距離です。

博多は博多駅キャナルシティ、美味しいもつ鍋の店が数多くあります。


天神は多くの百貨店、ディープな店がひしめき合う大名はお洒落好きな人は1日で回れないほど。

糸島エリアは海がきれいで自然が広がる場所です。博多から車で下道約1時間、高速で約30分程度で行くことができます。

糸島エリア内での移動を考えると車で行くことをオススメします。
インスタ映えをするカフェフォレストアドベンチャーという自然を生かしたアスレチック施設などがあります。

太宰府エリアは言わずと知れた太宰府天満宮があります。神社好きな人にはオススメですね。
博多からバスで約45分、電車では博多→天神から約20分で行くことができます。

太宰府天満宮の参道には梅ヶ枝餅の店舗がいくつもあり、店舗ごとの味を食べ比べてみるのも一つの楽しみ方です。


この参道にスターバックスコーヒーも入っており、太宰府天満宮に合うコンセプトで木組みのお洒落な造りの店舗となってます。

このように博多駅から短時間で有名な場所に行くことができます!

ポイント3  安くて美味しい食べ物が多い

最初にも書いてある通り、福岡と言えば食べ物です。

「ラーメン」

福岡にはたくさんラーメン屋があります。一蘭や一風堂など全国チェーン店もあれば、福岡にしかない個人経営の店も。

1杯290円という格安な価格なのにしっかり美味しいと思える店もあるんです。飲んだ後の締めにもってこいですね。

「もつ鍋・水炊き」

もつ鍋、水炊きの店もたくさんあります。有名で高いと言われるお店でも一人前が1700円ぐらいと意外とリーズナブル。

下手に何かの食べ放題とかで1人3000円出すより、美味しく満足できると思います。締めにちゃんぽんや雑炊、これまた美味しいです。

「明太子」

実は福岡のお店では明太子を使ったメニューが置いている居酒屋が結構あります。創作に使うだけでなく明太子ご飯としてメニューにあったりします。

もちろんお土産で明太子やめんべいというせんべいも人気です。

「うどん」

福岡と言えばやわめのうどん!というのは割と有名かも知れません。

ラーメンと同様に締めにうどんを食べることもあります。

まだまだ美味しいものはたくさんあり、これはほんの一部です。まずは有名なものから食べてみてください。チェーン店も美味しいですが、せっかくなら福岡ならではの店に行くことをオススメします。

簡単にまとめると

福岡は飽きない街なのです。新しいものもどんどん入ってきます。

とにかくまずは福岡に来てください。検索してみてください。

最近は住み良いということで芸能人たちが移住したり、週一でローカル番組を持ったりして活性化しています。

昔ならではと最先端が混ざりあって 、でも混雑しすぎてない住みやすい都市と思います。

これからもう少し詳しく触れていくので参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
シェアする
すーをフォローする
すーぶろぐ通信