sns
すーをフォローする

7つの習慣を違った視点で読む方法【気づきUP】

ブログ
ブログ

スティーブン・R・コーヴィーの書籍、7つの習慣を読んだけど全て理解できなかった、分厚いから途中読むのをやめたという人がいるかと思います。

今回の内容は解説記事ではなく「この本との向き合い方」をお伝えします。


僕は初めてこの本を読む前にコツを教えてもらっていました。言われた通りに読み進めると、うまく内容の理解することと自分の今後の動きが見えてきました。

本記事のテーマは以下の3つです。

・頭の中を空っぽにすること

・固定概念が邪魔だからなくすのが一番

・本は自分を写す鏡である

すー
すー

結果的に、この本だけでなくいろんな本と自身との向き合い方を得ることができると思います。

7つの習慣とは

ざっくり説明すると、7つのことを習慣化させ人格を磨き真の成功に繋がるという内容で、既に成功されている方から多く読まれていたり、会社の研修とかでも使われたりする本です。

本題に入るまで約100ページに渡って「真の成功」や「習慣の定義」などと7つの習慣を実践するまでの序章が書いています。

その後、実践編に入り以下の習慣について解説されていく流れです。

1「主体的である」       2「終わりを思い描くことから始まる」
3「最優事項を優先する」
4「Win-Winを考える」
5「まず理解に徹し、そして理解される」
6「シナジーを創り出す」
7「刃を研ぐ」

すー
すー

今回は内容に触れないので次に進みますよー!

7つの習慣を読みやすくする3つの方法

頭の中を空っぽにする

僕はこの本と出会ったとき、普段から本を読む人ではなかったので「こんな分厚い本を読むことができるのか?」という状態でした。
絵がない本を読んだことがほとんどありませんでした。

普段から本を読まない方にとっては膨大なページ数だと感じると思います。その点をクリアするのは正直なところコツはなく、初めは本を読む環境作りが必要です。

これは雑念がない環境が一番で、スマホやPCを見ない、集中できる空間に行くなど、まずは本を読むことに集中しましょう。

さて、この本にたどり着いたのはこの先に行くためのヒントを得たいからという思いがあるはずですよね。

今ぶつかっている問題に合わせたもの見つけようとすると、何も見つからないパターンが多いのです。

自己啓発本などは考え方や行動を変えていくためのもので、書いていることをそのまま真似するだけでは、なかなか変わることができません。

7つの習慣を攻略するには、何も考えず頭の中を空っぽにして読むということが大事なんです。その方が頭の中に多くの空き容量ができ、確実に吸収できます。

すー
すー

根拠は次でお伝えします!

固定概念が邪魔だからなくすのが一番

この本を読むにあたって「何を得たいのか」と考えることは必要ですが、なぜ頭を空っぽにする方がいいのでしょうか?
それは、考えすぎると固定概念というものが生まれ、逆に支障が出てしまうからです。

固定概念があると自分目線で物事を見てしまいます。
7つの習慣の中にパラダイムシフトという言葉が出てきます。
これは常識と思っていることや固定概念があるものを、見方を変えることによって新たな状態が生まれるということです。プラスのこともマイナスなことも起こる可能性はありますが、確実に違うものが見えるようになります。

例えば

月の模様は「日本では餅をつくうさぎ」に見えると表現されていますよね。
他の国では「カニ」「ワニ」「女性」など様々な模様に見えているそうです。
日本の地上から月を見てもいつも同じ角度でしか見ることができませんが、海外の地上からでは違う角度で見ることによって印象も変わるはずです。

このように、この本から「問題解決するためのヒントを見つけよう」と頭で強く思っていると今までと同じ見え方で読み終わってしまいます。

この見え方を排除するためには、始めの頭を空っぽにすること、さらに固定概念をなくして読み進めることが大事なのです。

本は自分を写す鏡である

冒頭でお伝えしたコツというのはこちらです。

・難しい内容の部分は分からなければ気にせず読み進めること
・気になったところはチェックを入れておくこと
・読み終えること

読んでいる中で心に刺さる言葉や気になる言葉に意識を持っていかれるということは、実はそれが今必要としている部分です。

逆に言えば、難しくて分からない部分や特に心に刺さらず過ぎていく文章は今は必要ない部分なんです。

例えば

外でたくさんの人たちの話し声が聞こえる状態とします。興味がない話をしていたらそこまで耳は傾きませんが、興味がある話をしていたらどうでしょうか。何故か話が聞こえてきて、聞き耳を立てると思います。

このような状態が本を読む中で起こっているのです。

自身が今必要な部分や問題解決の突破口は自然とひっかかり、ココだと知らせてくれます。
今回気にならなかったページは、次回読んだときに気になりひっかかるかもしれません。それは、そのときに必要な部分だということです。

個人的な感想

僕自身は何かに成功した実績はないですが、7つの習慣を読むことで1つのきっかけをもらうことができました。

本は自分を写す鏡という言葉を始めに聞いていたことで、本を読まない私が7つの習慣をすんなり読むことができて、行動することができています。

これはたまたまの話と思ったんですが、違う本でも今回の方法で読むとしっかりよむことができるなぁと感じています。

何かにつまづいている方や何か始めたいと思っているけど行動できていない方には特にオススメしたい本です。

すー
すー

ぜひこの機会に、自己投資と思って読んで見てください。

スポンサーリンク
シェアする
すーをフォローする
すーぶろぐ通信