sns
すーをフォローする

秋フェスでの持ち物は何が必要!?フェス初心者の方は必見。あると便利なもの紹介します!

音楽
音楽

9、10、11月のフェスは朝昼夜と気温の変化があるので持ち物を選ぶのが一番難しい季節です。


暑さ対策でもなく寒さ対策でもないときに何を持って行けばいいか迷いますよね。


そんな季節のフェスに行く人のため、用意しておきたいものを紹介します。
※前半は春夏秋冬で同じものになります。


夏フェスはこちらをどうぞ。

スポンサーリンク

基本の持ち物

チケット、財布、ケータイ
この3つは季節関係なく必須ですね。

チケット

持って行くのを忘れる前に、チケット当選したら支払いを忘れずにすることです。
ここは大事なところなので2度言います。
お支払いは忘れずに。
(この秋にあるホルモンツアーのチケットを支払い忘れました、、)

財布

いらないものはなるべく持ってないかないことをオススメします。
財布と言えど大きいと邪魔になるので、お札も入る程度の小銭入れがベストです。

ケータイ

普段から持ち歩くものの一つなので言うまでもないかもしれませんね。
誰かと一緒に行くのであれば連絡を取り合うために。
Twitterでフェスの公式ツイートを見て現在の状況把握や、オーディエンスのツイート見て各場所の情報を仕入れることもできます。

あると便利なもの

ウエストポーチ

秋のフェスではレジャーシートに座りっぱなしということが少ないような気がします。(あくまでも個人的に)
快適な気候であれば歩き回ったり、常にアーティスト待機する時に細々したものを入れておくと便利です。
ペットボトルが1本入る大きさぐらいが丁度いいですね。

ビニール袋

いろんな用途で使えるので便利です。

1.ゴミ袋として使える。
屋台で食べ物飲み物を買って出たゴミは分別してまとめておくと、ゴミ箱に捨てやすいです。
※持ち込んで捨てることできないものは持ち帰りましょう。

2.着替えや汚れたものを入れるために使える。
汗をかいた服や汚れたものを持ち帰るときに必要ですよね。

3.荷物カバーに使える
秋も不安定な天気で雨が降ることがあります。そんな時に荷物やクーラーボックス等々を雨で濡れるのを防ぎます。

モバイルバッテリー

これは基本の持ち物「ケータイ」を長持ちさせるアイテムですね。
朝一から並ぶ人もいると思いますが、終演まで長丁場になります。
割と必須アイテムの一つに入れてもいいかもです。笑

雨具、靴カバー

雨天決行なことも多いのであらかじめ持っておくと良いです。
雨は上からだけでなく、下に水溜りができ地面がドロドロになっていきます。
そんなときに靴カバーがあれば汚れるのを防ぎます。

ポケットティッシュ、ウエットティシュ

ティシュがあれば何かしらのことに使えます。
汚れた手や体を洗いたいのに、水道まで遠かったり混雑していると行くのが面倒くさいです。
そんな時にはウエットティシュは使いましょう。

汗ふきシート

体がベタベタしたままでは気持ち悪いので、何十枚入っているものを買っておくと良いです。
会場が砂埃が舞いがちなところなら、ウエットティシュの後に使うのがオススメします。

秋用の持ち物

パーカー

朝と夜は厚手のパーカー、昼は薄手のパーカーと使い分けるとよいですね。
荷物に余裕がある人は持って行くだけで、快適に過ごせます。
海や山の近く時には厚手を持って行きましょう。

レギンス

レギンスを履いているだけで、寒い時の体感がかなり変わってきます。
前方エリアに行く人は、足の軽いすり傷などを防ぐことができることもあります。
他にも汚れ対策や短パンに合わせるとオシャレにも使える万能アイテムです。

意外と重視されないものが靴です。
秋と春は快適な気候の場合が多いので、動きまわることが多いと思われます。
少し履き慣らした運動靴がベストだと思います。

さいごに

秋のフェスは過ごしやすいので、水分補給をしっかりしながら楽しみましょう。

オシャレする人もいろんな服が着れる季節だと思います。

少しでも参考になればと思います。

▼合わせて読みたい▼

スポンサーリンク
シェアする
すーをフォローする
すーぶろぐ通信