sns
すーをフォローする

MAN WITH A MISSIONが格好いいを超えて可愛い。よく見るとリアルな顔だけども。

音楽
音楽

MAN WITH A MISSION(マンウィズ)は世間に名前は知られているだろう。

Remember Me」が月9ドラマ「ラジエーションハウス」の主題歌になり、さらに有名なったと思う。

私がマンウィズを初めて見たのが2012年の「Sky Jamboree」(長崎)だ。

あまり聴き込んでなくライブに挑んだのだが、オーディエンスを楽しませるマンウィズの力に圧倒されたことを覚えている。

そこから一気にどハマりしていく。

そんなマンウィズについて記事を書きたいと思う。

スポンサーリンク

究極の生命体の5体

頭はオオカミ、体は人間の外見を持つ
究極の生命体」。

トーキョー・タナカ(Vo)
ジャンケン・ジョニー(Gt,Vo,Raps)
カミカゼ・ボーイ(Bass,Cho)
DJサンタ・モニカ(Djs,Samprling)
スペア・リブ(Drums)

普段、会話はジョニさんしかできない。
以外は喋ることが出来ずジェスチャーのみ。(ジョニさんが通訳してくれる)

いや設定!とツッコミを入れたくなるだろう。
私も最初はそうだった。
しかし、この設定(←言わない方がいい?笑)は他にないキャラクターとなり、人気を加速させていったのだ。

マンウィズの音

マンウィズの特徴をあげるとしたらサンちゃん(DJサンタモニカ)のDJだ。

タナパイ(トーキョー・タナカ)とジョニさん(ジャンケン・ジョニー)の歌声だけでも申し分ないのだが、DJの音がめちゃくちゃ格好良さを引き出していると思う。

チュクチュクとスクラッチさせて出す音とギター・ベース・ドラムが合わさることで、マンウィズならではの楽曲になっている。
(後ほど、曲を紹介する)

楽器のインパクトも大きいが、ボーカルの声にも注目してほしい。

ラップ部分はジョニさんの高めの声で曲に疾走感やノリを出してくれる。

ここでいうノリは音に反応して体が乗ってくる感覚。

さらにタナパイの野太い声が曲に厚みを出し、サビではもう完全にノリノリになっているはずだ。

ボーカルが2体とDJが1体いることで曲の幅が無限にも広がっている。

人気の曲や聴いてほしいオススメを混ぜて紹介したい。

Emotions

MAN WITH A MISSION「Emotions」

私の体感上、おそらくマンウィズの一番人気の曲だと思う。

タナパイの声と楽器の音がマッチして全体的に壮大な曲となっている。

歌詞を和訳すると自分自身と戦っている内容だ。

(マンウィズ公式Twitterより)
この曲の音と歌詞を重ねた時、どことなく感じる切なさと背中を押してもらえるような勇気をもらえる。

FLY AGAIN

MAN WITH A MISSION 『FLY AGAIN 2019』

ライブ中にサビで、右・左とハンズアップして一体感がある曲。

個人的にはAメロBメロのジョニさんとラップ調とサンちゃんのDJが格好良くて好きだ。

高揚感を高めた後にサビで一気に開放させる。これこそ、初めに伝えたマンウィズの音だと私は思う。

「FLY AGAIN(再び飛ぼう)」楽曲の音からその力がみなぎってくる感覚になる。

Take What U Want

MAN WITH A MISSION「Take What U Want」

リブちゃん(スペア・リブ)のドラムが体をウズウズさせる疾走感に溢れた曲。

Aメロの部分が子どもの叫びの歌詞であり、歌い方におもしろさがある。

ライブでは聴いている方も曲に引き込まれ「わぁーー」となる感覚が好きだ。

もちろん歌詞も見てほしいが、私的にドラムの格好良さに注目してほしい。

Remember Me

MAN WITH A MISSION 『Remember Me』

この曲は「ラジエーションハウス」の主題歌として有名になったはずだ。

作詞作曲したのはボイさん(カミカゼ・ボーイ)。

注目してほしいのが0:34の「カチッ」という音。おそらくX線撮影の音だろう。

ボイさんの細かい演出で、さらに好きなってしまった。

最初や中間や最後にあるギターリフが耳に残ったり、ゆっくりめな曲で聴きやすい。

この曲がきっかけでマンウィズを好きになった人はぜひ下の曲を聴いてほしい。

私も好きな曲でオススメしておきたい。「Memories

MAN WITH A MISSION 『Memories』

マンウィズの可愛らしさ

マンウィズ=狼バンドが定着しているだろう。

インパクト大の狼顔だ。

よく見ると1体ずつ特徴があるが、私もまだまだ見分けつかなかったりする。

今回は一緒に特徴を勉強しようと思う。見分けつきにくい3体に※を付けておく。

トーキョー・タナカ(Vo)

ライブではボーカルでマイクを持っている。顔の見分け方は、舌が右側に出ている。

ジャンケン・ジョニー(Gt,Vo,Raps)

普段喋ることができる。ライブではギターを持っている。顔の見分け方は、顔のサイズが大きく鼻と口が長めの方。ぱっと見、ボイさんと間違えやすい。


カミカゼ・ボーイ(Bass,Cho)

ライブではベースを持っている。顔の見分け方は、特徴がないのが特徴。笑背が高くスリムな体型。ぱっと見、ジョニさんと間違えやすい。


DJサンタ・モニカ(Djs,Samprling)

ライブではDJを使いこなしている。顔の見分け方は、舌が左側に出ている。


スペア・リブ(Drums)

ライブではドラムを叩いている。顔の見分け方は、口が大きくあいていて表情が優しげ。ガウガウポーズしがち。

このようにそれぞれ特徴があり、よく見ると結構狼顔がリアルだ。

しかし、ライブでは格好いい動き可愛いらしい動きを見せてくれる。

ちなみにガウガウポーズとはこちら。

(マンウィズ公式Twitterより)

実際の姿も可愛いのだが、グッズも可愛いので少し紹介して終わる。

毛玉ストラップ

佐賀限定のいかしゅうまいカラー

Tシャツ

ハカセTの第2弾

タオル

ひまわり柄

さいごに

今回はマンウィズの曲の格好良さと可愛いさに触れてみた。

これをきっかけにさらに好きになる人が増えてほしい。

メディアに出ることが多いマンウィズだか、ライブに行くことで世界観を感じることができ様々な姿を見ることができると思う。

フェスでも近くのライブでも見に行くことをオススメしたいバンドである。

▼合わせ読みたい▼

スポンサーリンク
シェアする
すーをフォローする
すーぶろぐ通信